プロフィール
スハネフ14-1
スハネフ14-1
~海の見えるcafe&bar~
和歌山市 雑賀崎 1827-1
Tel:073-488-7223
営業時間  お昼12:00~23:00
定休日木曜日 5月3日木曜日GW 休まず営業してます
当店の場所  
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
オーナーへメッセージ

2011年02月21日

引退



山手線で運用開始から約47年、
最後の活躍の地である阪和線を次のダイヤ改正でK603編成を含むクハ103-1,2が引退。

クハ103-1の車歴は
1964年5月28日
日本車輌で落成後
池袋電車区に配属
1971年4月20日
下十条電車区へ転属
1973年4月7日
浦和電車区へ転属
1976年4月6日
森ノ宮電車区へ転属
2007年3月29日
日根野電車区へ転属

山手線や京浜東北線から
大阪環状線、阪和線へ。

紛れもなく103系はいち時代を築いた名車でしょう。
量産型としてデビューし、
トップナンバーと2番手。
よくぞ1番と2番でタッグを組む事が出来たものだ。

引退後は安住の地を得る事が出来るのだろうか! その後の動向が気になりますね。



べろ

同じカテゴリー(鉄ネタ)の記事画像
週末ランチ!
GW開いてまーす
寝台特急 なは
サロンカーなにわご乗車有難うございました
スハネフ忘年会イベントのお知らせ
C57
同じカテゴリー(鉄ネタ)の記事
 週末ランチ! (2018-06-09 17:37)
 GW開いてまーす (2018-04-30 13:34)
 寝台特急 なは (2014-09-12 19:01)
 サロンカーなにわご乗車有難うございました (2012-12-17 23:42)
 スハネフ忘年会イベントのお知らせ (2012-10-24 21:10)
 C57 (2011-04-04 19:32)

Posted by スハネフ14-1 at 13:37│Comments(6)鉄ネタ
この記事へのコメント
成長期の日本を支えてきた名車だったんですねぇ。
他の車両を撮影に行った時、メインの車両のシャッターチャンスを邪魔する下駄電、などという罵詈雑言も聞きましたが、いざ引退となると、気になりますねぇ。
弁天町あたりに置けないものでしょうか。
Posted by arichichi at 2011年02月21日 16:53
まさに栄光の車両ですね…
Posted by 貴志川線よ永遠に at 2011年02月21日 18:30
ねえ、よくトップナンバーが残ってたものです。

103系は好きじゃなかったですが、引退となるとなんだかさみしいものです。

弁天町に残してくれたらいいですが、西のは鉄仮面になっているので、ゴムに戻してくれたほうがいいですね。
Posted by みまさか ゆうかみまさか ゆうか at 2011年02月21日 20:43
>arichichiさん

そうですねぇ
普段は完璧に脇役でしたね

全盛期の関東では
ブルー、カナリヤ、オレンジ、グリーン、黄緑…

カラフルでした

幼い頃、田舎育ちでしたので
カラフルな103系は大都市の象徴でした。

保存されますかね!
昔、101系のトップナンバーがクーラーを改造されていたとの理由で保存されなかった事があります。
クハ103-1もサッシ周りを改造されてますからね。
Posted by べろ at 2011年02月22日 08:13
>貴志川線よ永遠にさん

はい
大都市の花形電車でしたね。
Posted by べろ at 2011年02月22日 08:38
>みまさか ゆうかさん

そうですよねぇ
関西に転属にならずに関東に残ってたら
早々に廃車になっていたでしょうね

遺して欲しいですね

しかしかなり改造されて手が加えられてますからね
保存されますかね!
Posted by べろ at 2011年02月22日 09:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。